みんなは今の状況に満足しているのか?僕はそんな仕事で満足なんてできないな。インターネットならこの気持ちぶっ飛びで満足させることができるんだ。

 

価格はキャプティバが379万円、キャプティバ ラグジュアリーが414万円。12月18日から銀座でスタートした「TOYOTA GAZOO Racing PADDOCK in GINZA」において、実際のレーシングカーさながらの走りを体験できる本格的シミュレーターが設置されている。でも、どうせ愛車を売るなら、少しでも高く買い取ってもらいたいのが人情です。中古車市場での査定に関する知識も経験もない素人が、プロを相手に交渉などできるはずがないと諦める必要はありません。車の買取も、人と人が行うビジネスです。

 

今回のブースでも紹介されている「ニュルブルクリンク24時間レース」はTOYOTA GAZOO Racingが毎年チャレンジをしている世界三大24時間レースのひとつ。全長約25kmのニュルブルクリンクを1チーム3〜4人のドライバーが交替で長丁場のレースを走り抜くというもの。という話を今日エリーちゃんに聞いてきたんだよね。あいかって奴が可愛いから、キャリーって子が暴れまくっている感じ。

 

 

単にサポート性を上げただけでなく、低Gから高Gまで重心がリニアに移動するようにチューニングしているとのこと。コーナリング途中で体が急にずるっと滑ったりせず、シートに体を預けさえすればごく自然にドライブすることができるという特性は、ロードスターのライトウェイトスポーツカーとしての楽しさを何倍にも増幅しているように思われた。CD&DVDプレーヤー/地デジTV、セーフティパッケージ、LEDコンフォートパッケージ。こういったスペシャルなパッケージは今までになかったのかもしれませんよね。

 

エンジンの燃焼系を改良して最高熱効率40%を達成するとともに、駆動系のフリクションロスを20%も低減することで、JC08モード40km/リットルの目標燃費を掲げた4代目『プリウス』。そのプロトタイプ試乗会の会場となったのは、なんと富士スピードウェイのショートサーキットと構内路。彼らが世界一と標榜する燃費性能を確認するには、いかにも不似合いなシチュエーションだ。